全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)が、「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック」を公開しています。

誘導、共有空間の消毒、居住区分(ゾーニング)、室内のレイアウト(ベッドの置き方など)まで具体的に図で示されおり、わかりやすいです。フェイスシールドや感染予防着の手作り方法も紹介されています。準備物一覧もご覧ください。

今後、台風や大雨による避難が予想されますが、避難所運営に関わる方々にはぜひご一読をおすすめいたします。

原則は、「少人数、個別避難」。なるべく自宅(リスクが低い場合)や親類宅。使われていない公民館や民間施設・宿泊施設なども視野に入れましょう。