うちの娘は4歳半ですが、意識して実行してきたことがあります。それは、タイトル通り、「常温の水を、ストレス無く飲める子」にしておくこと。

私は、お茶大好きです。しかし、海外では、ペットボトルのお茶がコンビニで買えるという幸運はなかなかありません。あったとしても有糖の甘いお茶達。なぜ緑茶や烏龍茶に砂糖を入れるのか・・・。と言っても始まらないので、水を選びます。飛行機内でもどこでも、基本は水。しかし、夫は水が大嫌いです。水を飲むのが苦痛なようで、脱水になりかけてもお茶か、あきらめてコーラ(!)を探し続けます。

災害向けの備蓄も、煮炊きや洗浄にも使えるので、お水ですよね。避難所・配給も、やはり水です。常温の水を飲むことでストレスを感じるのは損です。 夏場はミネラル補給に麦茶もよいですが、 災害時はそうもいってられません。

そして、「常温」を「ストレス無く」というのも大切だと実感しています。うちの子も氷大好きですが、氷や冷たい飲み物が手に入らない時もあります。そんな時も、文句を言わずごくごく飲んでくれるのは親としてありがたいです。「冷えたものは身体に悪い」という中医の思想に染まりつつある私(笑)。たまに氷の入った飲み物を見ると、娘は大興奮して「食べていい??」ときいてきます。こんなことで喜んでくれるなんて・・・ありがたい。海外では氷が危険な国もありますので必ず、親の許可を得てからということにしています。特別な日にはアイス、普段は凍らせた果物をアイス代わりに食べてます。

水だと水筒を洗うのも楽、お財布にも〇、海外や災害時のストレス少、歯の着色も防げる、というわけでしばらくこの調子でいこうと思います。周囲から「かわいそう」と言われて、冬の魔法瓶導入も検討しましたが、重たいので本人が気づくまでこれでいきます。ご参考になれば。