災害時は、通信規制がかかり、電話が通じにくくなります。LINEなどのアプリでも通信しづらくなります。

そんな時、優先的に電話でやりとりする方法があります。

これは、NTTや政府が力を入れているのに、知っている人が少ないという「超穴場」なサービスです。

システムがしっかりしているのに、空いているということは通じやすいと考えられますよね。

では、使い方をチェック。

①「171」に電話をかける

② 録音「1」、再生「2」などを選ぶ。暗証番号の設定もできます。

③ 録音:メッセージを伝えたい電話番号を入力し、メッセージを録音する

  再生:自分の電話番号を入力して、メッセージをきく

あなたの留守電が、NTTの伝言板にある、っていうイメージです。

伝言時間は30秒、伝言数は一電話番号あたり1~20件(提供時にお知らせ)。固定電話やスマホからもかけられます。NTTの固定電話からは無料、それ以外からは事業者により異なります。

残念ながら、あなただけが171を知っていても、相手が知らなければ使えません。家族、親戚などに171を教え、できれば一緒に体験使用してみましょう。

災害用伝言ダイヤル(171)リンクはこちら

災害時にしか使えませんが、以下の日程で体験使用できます。

  • 毎月1日,15日 00:00~24:00
  • 正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
  • 防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
  • 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)

防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)、本日から体験できます。