災害時には、現金が役立つ、と言います。確かに公衆電話のための硬貨、避難先での生活費・・・。

しかし、治安の悪化が考えられることから、多額の現金を持つべきか、お財布をどう守るかはよく考えましょう。現金は1000円札などの少額紙幣も準備し、防水のためジップロックに入れると良いでしょう。

何よりも一番困るのは、現金だけでなく、銀行の通帳やキャッシュカード、印鑑、クレジットカードなどすべて持たずに、逃げるしかないという状況です。どうしよう???!!!

実は、災害時は通帳、カード、印鑑がなくても、本人確認ができれば現金を引き出せます。東日本大震災や熊本地震では、多くの金融機関が10万円まで、ゆうちょ銀行なら20万円大丈夫です。

ゆうちょ銀行のまわしものではありませんが(笑)、災害対策にゆうちょ銀行に貯金、もありかもしれません。地域に浸透し柔軟に対応してくれるのは信用金庫やJA(農協)バンクも同じです。

現金ではありませんが、停電が解消されネットワークがつながる地域ならば、電子マネーも強い味方です。避難先の地域が正常に動いている場合、もしくは電力・通信インフラが復旧されてからは、現金よりは安全に持ち運びできます。もちろん、スマホを充電する方法(リンク有)も考えておきましょう。

次回は、「本人確認できる身分証明書をなくしたら?」についてです。