台風が直撃し、大阪の実家は4日間停電。屋根瓦が飛び、車のガラスが割れました。まさか実家の屋根がブルーシートで覆われる事態になるとは・・・

続いて北海道の地震で広域停電。

「闇は人を殺す」といいます。ガラスを踏んだり、夜中に転んだり・・・二次災害につながります。

そこで、これだけはという停電対応グッズを紹介します。こういう商品は、災害が起きたり、防災月間になると品薄になり価格が上がります。ですので、現在は高価格になってます。類似の製品がたくさんありますので、レビューなどをご覧ください。

①LEDヘッドライト

LEDはめったに玉切れせず、電池も長持ちします。

ヘッドライトにすることで、両手が空きます。これが重要。できれば、3点(頭の真上もあわせて)で固定するタイプを。アマゾンで1000円程度~。1人一個、寝室や玄関にかけておきましょう。

http://amzn.asia/d/4KufVjN

②モバイルソーラーバッテリー

単3電池は手回しラジオでは、もはやスマートフォンは満タンにでできません。

小型のモバイルバッテリーを、USB接続などで日頃から満タンにしておきましょう。

10000mAhでiphone3回分Okです。でも、放電しますので、半年に一回くらいは充電しなおしてください。

アウトドアで用いる、ソーラーパネル付きのものだと太陽光で発電もできます。ただし発電効率は、お天気によりますし、長くかかります。通常はアマゾンで2000円以内です。

http://amzn.asia/d/1VdpQGZ

③モバイルソーラーパネル

②では、発電に時間がかかります。そこで、ソーラーパネルをつなげてしまえ!ということです。

強い室内灯にも反応します。曇りでも発電します。

問題は、「発電しかできない」ということ。パネルには、電気を貯めることができません。

理想は、ソーラーパネルを、②のバッテリーの充電・蓄電する。 もしくは、日中必死でパネルで発電して充電し終えてしまう。

通常はアマゾンで4000~5000円です。こちらはW(ワット)表示ですが、3Wあればiphone充電できます。

http://amzn.asia/d/9brS1wI

どの商品も、購入したら一度ご自分でテスト使用してください。ソーラーパネルは少々お高いので、1世帯で1台でなくてもマンション1フロアで1台、管理組合や施設で1台など工夫できればいいですね。